top | B&B cafe 本宮 | 熊野バックパッカーズ | 熊野エクスペリエンス | ブログ

熊野のカヌー&アウトドアガイドKatsuのブログ

Category Archives: クリニック

ホワイトウォータークリニック

良い雨が降る中のホワイトウォータークリニックでした。
今日は「流れを味方に」をテーマにやりました。
時々よく解らない「ローテーション○○ストローク」とか
「体軸が何やら」とかご質問頂くのですが、返答に困るんです。
実際にフォワード、スウィープ、ラダー、ドロー、スカリング...
どんな時でもローテーションが付いて回りますよね。
そして、ローテーションは体軸を使って行いますよね。
それらしく、難しそうな、ややこしいモノではなく、
先述した数種のベーシックな漕ぎ方で、
自身の意思をできる限り効率よくボートに伝達することにフォーカスした方が良いと思っています。
そのためには、最終的にローテーションで自身の可動域を最大限に使うことが必要になってきますよね。
でも中級者は小手先の技術よりも、川で、どこの「水」がどれくらいの強さで、
どの方向に流れているかを見極めることが必要だと思います。
静水や緩い流れでいくら上手にボートを動かせても、
水の流れが解っていないとホワイトウォーターでは上手く動かせないように思うんです。
(あくまでも持論ですけどねー。)
Facebook にシェア

ホワイトウォータークリニック

しばらくぶりの北山川でのクリニック(小松~田戸)。
8月の長雨増水を経て、川の内容はあちこちちょこっと変わりましたが、
それはそれで新しい課題を作れて有意義でした。
受講者にも有意義だったと信じています。
(願っています、の方がしっくりくるかな。)
いずれにしても、一朝一夕にはいかないので持ち帰ってトレーニングを続けることが最重要ですね。
Facebook にシェア

ナニ 考えてるの?

ホワイトウォーターのプライベートクリニックでした。
しばらく前にもナニを考えて”Eddy”に入っているのかなぁ?って書き込んだと思います。
皆さん、その「ナニ」がボンヤリしているんですね。
どう動く、動かすにも常にその「ナニ」を考えないと上手く行かないと思います。
クリニックでは常に
①アングル ②スピード ③リーン
を考えて頂きます。
たった3つなのですが、アメリカでインストラクターのワークショップに参加している時に、
トレーナーが言った言葉を今でも覚えています。
「カヤッカーは、そんなに賢くないので、1度に3つ以上考えられないでしょ!」
上手いこと言うよなぁ、その通りやなぁ、と納得しました。
(実際にACAでも、①②③を常に意識させます。)
本当は ①アングル の前にアングルを作る為にポジションが必要だし、
リーンの次にはそこに止まるのか動かし続けるのかのストロークが必要になるのですが。
今日はただEddyに入る、出るじゃなくて、常時どんなアングルで、スピードで、
どれくらいのリーンでってのを考えながら川を下って頂きました。
Facebook にシェア

北山川トレーニング

7月からは平日にも放水が有るので、北山川にトレーニングに出かけました。
梅雨明けが待ち遠しいですが、この花を見ると既に夏が来ているようです。
アジサイで梅雨に入り、ネムノキで梅雨明け、夏が来るのが分かります。
個人的には気象庁よりもコッチの方が正確だと思います。

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニング

今日は自身のトレーニングで北山川(小松~田戸)。
そのうちまたお誘いが来るであろう、
Grand Canyonも視野に入れて、
股の間のオモリ(10L水タンク)と共に下ったので、
体幹、肩、上腕がバキバキですわぁ~。

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニング:Eddy Catch

みんなどんな事考えてEddy Catchしてるんかなぁ。
今日は水量的に場所の選定が難しかったけど、
イロイロ違いを提案できるEddyが見つかって良かった。

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニングプログラム”Pillow”

“Pillow”
岩の上流側にありますが、
カヤックは水の流れを利用して楽しむ(遊ぶ)ものだと思うので、
避けて通ってしまうと、楽しみも半減してしまいます。
そして、先日のBoofのようなムーブも上手くできるようにならないので、
落差のある川で苦労すると思います。

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニングプログラム”Boofing”

今日のトレーニングプログラムは、
クリークボートのお客様だったので、チョット提案してみました。
(ピロー横幅&落差が無かったのでストロークのタメを作れず、分かりにくかったかなぁ。)
でも、考え方は先日の「ピローの使い方」と同じ、ただ少し落差が有るだけ。
落差の無い場所で練習して、ちゃんとボートを動かすことができれば、
同じ動作でこんな”Boofing”もコダワリなくできると思うんです。
 
Facebook にシェア

北山川の水量。

月曜まで良い感じの水量でトレーニングプログラムは
北山川上流セクションで行えるかともったけど、思ったよりもあっさり引きました。
皆さん、何処で情報をキャッチしていますか?
電話でもリアル情報が確認できます。
ダム放水(熊野川水系):0120302425
小森発電放水予定(小松放水路):0120201914
Web上での放水量は、ダムのゲート放水と発電放水(おおよそ71cms Max)の合算のようですので、
上流部(オトノリ)はダム放水(電話)が確実です。
また、この上流部の通常放水(観光放水)は電話には反映されませんので、
オトノリ入渓路のカレンダー表示を確認してください。
Facebook にシェア

枕(Pillow)の使い方!

枕(Pillow)の使い方!

前方にバックウオッシュをともなった”Pillow”
皆さんは、どんなラインで下ってるのかなぁ。
避けて通っても、エディーラインでヤラレませんか?

 

Facebook にシェア

くまのエクスペリエンス : 〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮159-1番地 Tel&Fax 0735-42-0220 info@kumano-experience.com Copyright © 2011 Ueno Katsumi