top | B&B cafe 本宮 | 熊野バックパッカーズ | 熊野エクスペリエンス | ブログ

熊野のカヌー&アウトドアガイドKatsuのブログ

月別アーカイブ: 2021年5月

ホワイトウォータートレーニング

今日は自身のトレーニングで北山川(小松~田戸)。
そのうちまたお誘いが来るであろう、
Grand Canyonも視野に入れて、
股の間のオモリ(10L水タンク)と共に下ったので、
体幹、肩、上腕がバキバキですわぁ~。

Facebook にシェア

合気道の神髄とは

たまには本で勉強しないとなぁと思って、早速手に入れました。
合気道の開祖の言葉を綴ったモノです。
稽古をしていますと、師範や先輩方の「技」(技術)を見て、
ただ真似ているに過ぎないように思えてきました。
そして、一番大切なのは「何を思って」その技を繰り出すか、ではないかと思い、
90歳になる師範と話していたら、この本を紹介されました。
師範自身も、今再度読んでいるそうです。
また、活字を辿っても、その意の取りようで変わってくるとは思いますが、
そこは稽古の進み度合いで理解も進むと信じて読んでみよー。
Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニング:Eddy Catch

みんなどんな事考えてEddy Catchしてるんかなぁ。
今日は水量的に場所の選定が難しかったけど、
イロイロ違いを提案できるEddyが見つかって良かった。

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニングプログラム”Pillow”

“Pillow”
岩の上流側にありますが、
カヤックは水の流れを利用して楽しむ(遊ぶ)ものだと思うので、
避けて通ってしまうと、楽しみも半減してしまいます。
そして、先日のBoofのようなムーブも上手くできるようにならないので、
落差のある川で苦労すると思います。

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニングプログラム”Boofing”

今日のトレーニングプログラムは、
クリークボートのお客様だったので、チョット提案してみました。
(ピロー横幅&落差が無かったのでストロークのタメを作れず、分かりにくかったかなぁ。)
でも、考え方は先日の「ピローの使い方」と同じ、ただ少し落差が有るだけ。
落差の無い場所で練習して、ちゃんとボートを動かすことができれば、
同じ動作でこんな”Boofing”もコダワリなくできると思うんです。
 
Facebook にシェア

北山川の水量。

月曜まで良い感じの水量でトレーニングプログラムは
北山川上流セクションで行えるかともったけど、思ったよりもあっさり引きました。
皆さん、何処で情報をキャッチしていますか?
電話でもリアル情報が確認できます。
ダム放水(熊野川水系):0120302425
小森発電放水予定(小松放水路):0120201914
Web上での放水量は、ダムのゲート放水と発電放水(おおよそ71cms Max)の合算のようですので、
上流部(オトノリ)はダム放水(電話)が確実です。
また、この上流部の通常放水(観光放水)は電話には反映されませんので、
オトノリ入渓路のカレンダー表示を確認してください。
Facebook にシェア

大峰奥駈修行に向けて

梅雨に入ったみたいですね。
いつまで、どこまでが緊急事態なのかは分かりませんが、
大峰奥駈修行の準備をしておこうかなぁ、と思いました。

10年使った斑蓋がかなりの傷みようだったので、
破れた箇所は裏に麻布をあてて、柿渋を塗ってみました。
Facebook にシェア

枕(Pillow)の使い方!

枕(Pillow)の使い方!

前方にバックウオッシュをともなった”Pillow”
皆さんは、どんなラインで下ってるのかなぁ。
避けて通っても、エディーラインでヤラレませんか?

 

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニングプログラム

今日のホワイトウォータートレーニングは、
水の流れに着目して、エディーターン、ピールアウト、フェリーを練習しました。
金曜日にこのプログラムで練習したことを、土日の放水時に自身で復習されるようです。
このトレーニングプログラムの上手な使い方ですね。

Facebook にシェア

ホワイトウォータートレーニングプログラム

ホワイトウォータートレーニングプログラムでの一コマ。
お客さまが使用するボートに合わせて、ロングボートを持ち出しましたが、
このクラスのボートだと、本当に丁寧に基本に忠実に動かさないと、
ボートが動いてくれませんね。
私自身も良い勉強になりました。

Facebook にシェア

くまのエクスペリエンス : 〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮159-1番地 Tel&Fax 0735-42-0220 info@kumano-experience.com Copyright © 2011 Ueno Katsumi